はじめに
現在、「ものづくり」「人づくり」「お客様づくり」をやっている企業が強く発展をしています。
かつて高度成長期に世界が日本を羨望の眼差しでみていた「ものづくり」の時代には、それぞれの業種にカリスマ経営者や素晴らしい技術者たちがいました。こうした先人たちが築いた日本の繁栄は素晴らしいと思います。
しかし今や他国の企業がつぎつぎと先端分野において台頭してきており、ITをはじめとした日本のお家芸もかつての精彩はありません。日本のものづくりも長期間にわたり低下傾向であります。この衰退の変化の原因についても経営者をはじめとする「人」の変化を指摘する専門家が多いのも事実です。現場で起こるいろいろな問題点をヒントにアイデアが浮かび次の一手を打つ「現場第一主義」の考えが衰えていると言わざるおえません。
今の経営者は、自分の会社や関連会社の財務データーなどからいろいろ判断して「ものづくり」「人づくり」「お客様づくり」の原点から離れたところで活動し、会社の財務からみた数字こそを唯一重要なものとしています。それは結果であり極めて重要なことですが、それだけをみていると本当の才能のある人物や本当の個性ある能力をもっている人物を見失ってしまいます。一丸となって知恵を出しあい「ものづくり」をしていた経営はいったい何処へいってしまったのでしょうか。
今では、一日中パソコンの前で何をすればいいかを考え続け「ものづくり」「人づくり」「お客様づくり」が会社の屋台骨であることを忘れてしまうという、他国の悪しきマネーゲームの影響を受けている経営者が少なくないと言わざるをえません。資金をつぎ込んで手間を省き、全てにおいて強くメリットのある企業を買収することが「力」と思い込み「人づくり」がなくなってしまっています。
会社として組織は大きくなるけれども、「ものづくり」「人づくり」の根本の大切さがそこから失われてしまっている。かの先人の成功したとされる経営者は言っています、「ものづくり」こそ日本のお家芸である。日本の価値は、その「ものづくり」をコツコツとやってきて「おもてなし」の心をもって人と接する「生真面目さ」である。その日本人の生真面目さはどこにいってしまったのでしょうか。マネーゲームの時代に翻弄されて本来もっているものを失いかけている。いいものだけを作ってさえすれば売れる時代は終わりましたが、それにしても創意工夫をしてきた先人たちのイノベーション(改革、革新)はどうしたのでしょうか、とことんいいもの、いい品質のものをつくる「巧みの技」それをつくる「人づくり」がコストダウン、コストカットなどの財務経営だけに目が行き過ぎた結果、才能のある人材を他国にとられてます。巧みの技を持っている人をないがしろにしています。
これはつまり、本当の技術を持っている人に資金がまわっていないとも言えるのではないでしょうか。ほんとうの優秀な大手企業は才能溢れるベンチャービジネスをさがしているのです。
精一杯の能力を出し、自分はこんなに才能があるのに認めてもらえないと思うことや、ここまで頑張っているのにわかってくれない、そう思ったら自分の実力で社長になれば良いのです。
もう遠慮はいりません。

.

Copyright (c) I-Tac. Inc. All rights reserved