ピンチはチャンスです
.
世に言う「ピンチはチャンス」とは、情報がいつでも手に入ることが出来るようになった今日、頭が良く、知識のある人でも、習うことはできても慣れない。そこでもっとも必要とされるのは、自主性、自分の新しい発想能力や、応用能力を養う必要があると思います。そしてその自己発想がうかぶことにより、目的や目標を見いだし、行動を起こす理由とバイタリティーを生むことができるのです。さらにもうひとつ、人と人とのコミュニケーション能力も社会の中で大切な事で社会人としてリーダーシップを発揮させていくための能力であり、協調性、チームワーク、、これらは習っても習えるものではないと感じます。人から聞いたり、人から学習して知識を得る人は多くても、それを基盤として新しい「何か」を発想、創造しようとする能力にかけている人が多いと思います。発明、発見も全て、不便、必要に応じ、もしくは偶然に行われたことを歴史が物語っています。(不便から発明発見があるとよく言われます)ところで、現在地球上で、人類が進化をとげ今日反映をしているのは、地球の環境に適応した生き物であるからで、もし強い者が生き残るのであるのなら肉食狂暴な恐竜のティラノザウルスなどが、今も地球上を支配しているはずです。自分のまわりで起こるいろいろなトラブルは地球では、過去に起こったとされる巨大隕石の衝突や基本的な地球環境の変化に適応したものが生き残る、すなわち、「最も強いもの」が生き残るのではなく、「最も賢いもの」が残るのではなく、最もその時に起こる出来事(ピンチなど)に「適応する能力」をもったものが生き残るのです。この生き残る能力こそが自然に身につく成功者の力です。(成功者の定義は人それぞれですが、大成功をおさめたかにみえた人でも、尊敬される人とそうでない人に別れてしまうのはなぜでしょうか?)
では、一体どうしたらいいのでしょうか、簡単に答えが出るはずはないのですが。
自分の望みを絶えず心に強く思っている事が必要だと感じます。するとチャンスが訪れた時それをつかむ事が出来るのではないでしょうか。目の前に訪れた一瞬のチャンスを見逃さない能力、それは絶えず思いをもち自分自身のテンションを上げて、行動を起こさなければ、いいことも悪いことも起こらないということにも繋がると思います。「窮すれば則ち変じ、変じれば則ち通ず」のごとく、困ったときこそ「自分自身」を変えれば、そこから解決の道が開けてくるのではないでしょうか。ピンチがおとずれるとそのピンチをどう解決するかの行動を起こさなければなりません。すると案外解決の道が開けてくるということです。テンションを上げていれば何かにぶつかります。そしてその中でピンチがおとずれてそれをチャンスに変える・・・・ということは、ピンチを多く経験することによってチャンスのつかみ方が自然にわかってくるのではないでしょうか。テンションが低い状態で何かにぶつかると「やっぱ、だめだ」となり全てがマイナスに思えていつまでたっても解決することはありえません。待っているのは、単なる時間の経過、自己不満、不幸せ、倒産、破産です!テンションを上げるのには、経営者セミナーや、同業者の組合、異業種交流会などへ参加したり、何かの研究会などに所属したり、そこで自分を評価してくれる人がいたり・・・などセミナーや経営者の集まり会でいい話を聞くと自分がうまくいくような気になる。それでいいのではないでしょうか。ライバルを持つこともテンションを上げることにつながるのかもしれません。すなわち、ピンチはチャンスです。ピンチが多い人ほどチャンスが多いと言えます。ということは、チャンスに出会うのにピンチがあってもいいのでは。チャンスを得るのにはピンチを恐れず「行動」を起こさねばなりません。でなければ「ただ時間(とき)が流れる」だけです。
さあ、挑戦し、行動いたしましょう
.
Copyright (c) I-Tac. Inc. All rights reserved